姫ロンNEWS 2016.2.12号



姫ロン杯オーロラカップ決勝 結果速報!

姫ロン杯の折り返しともなる、カボオーロラカップの決勝が先日、行われました。
決勝に残った選手は・・・
今大会、最も注目された高宮まりとのデットヒートを制した予選1組勝ち上がりの西城凜プロ。
4団体の所属選手が唯一出揃う好カードとなった予選2組で、オーラスの劇的な大逆転により勝利を収めた大崎初音プロ。
日本プロ麻雀連盟のベテラン、清水香織、平岡理恵を抑えて今、最も勢いに乗る予選3組勝ち上がりの米崎奈棋プロ。
この3名に、ついに登場、女帝・田中智紗都プロが相対しました。
奇しくも、全選手が日本プロ麻雀協会所属であり、ベテラン、中堅、若手と見応えたっぷりの顔ぶれとなりました。

1半荘目の序盤、西城プロの跳満が決まりやや抜け出すも、南1局の米崎プロの親番で、予選を彷彿とさせるような4000オール、6000オールが決まり、一気に抜け出しての米崎プロがトップで終了。

迎えた最終半荘、1半荘目に箱を割ってしまい、是が非でも挽回したい大崎プロだったがこの日の大崎プロは終始、手材料に恵まれず、肝心なところで相手のあたり牌を掴んでしまうという何とも辛い展開でした。
しかし、南場の親番で6000オールを仕上げ、本領発揮かと思われましたが、大量リードの米崎プロには及ばず、あえなく敗戦となってしまいました。

本命の大崎プロが脱落した展開を抜け出したのは、やはりこの選手でした!
南2局の米崎プロの親番で跳満を被らせることに成功したのは、ついに伝家の宝刀“チサトイツ”を決めた女帝・田中プロ!
そしてオーラス、今までであれば田中プロがそのまま逃げ切れたかもしれないが、世代交代の波が来ているのか、なんと、米崎プロが苦しい配牌を三色に仕上げ、西城プロから跳満の出和了で田中プロを再逆転し、この大接線に終止符を打つ形となったのでした。

米崎プロ、優勝おめでとうございます!

【米崎プロ コメント】
「途中まで苦しい展開でしたが、チャンス手をしっかりとモノにできたのが良かったです。2半荘目も点差を意識して落ち着いて打てました。でも、チサトイツが決まったときは、もうダメかと思いました(泣」
昨年は、田中プロに敗れてチャンピオンシップの切符を逃しリベンジに燃えていた米崎プロ。
「初のチャンピオンシップです!去年はナビゲーターとしてその場にいましたが、やはり、選手として出たかったので凄く嬉しいです!応援宜しくお願いします!」

近年、着実に結果を出してきているプロの一人でもある米崎プロ。
女帝越えの次は、悲願の姫ロン杯制覇か!?