姫ロンNEWS 2016.2.19号



姫ロン杯エンプレストーナメント予選1組 結果速報!

第3回姫ロン杯も、いよいよ後半戦です!
その後半戦の幕開けとなる『麻雀ブルエンプレストーナメント』予選1組が行われ、息詰まる熱戦が繰り広げられました。

その華々しい戦いを彩った対局者は・・・
言わずと知れたアイスドール・和泉由希子プロ。
過去の姫ロン杯での成績は芳しくないものの、当然の大本命か!?
そして、和泉プロと同じ日本プロ麻雀連盟所属の中川由佳梨プロ。
大きなタイトル実績は無いものの、和泉に劣らぬ麻雀センスを見せる中川プロ。
今大会を飛躍のきっかけとできるか!?
更にこちらも日本プロ麻雀連盟所属、山脇千文美プロ。
2年前に最強戦ガールを務めるなど今や、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を獲得している山脇プロ。
ここで結果を出して、名実ともにトッププロの仲間入りを果たしたい。
最後に、日本プロ麻雀協会の1年目、都美プロ。
アイドルから麻雀プロへと転進した異色の経歴の持ち主。
昨年の柚花プロのように、プロ1年目での奪還に期待したい。

開局早々に和泉プロの満貫が炸裂し、今年こそ和泉プロの地力を見せ付けられるかと思われましたが、東三局に都美プロが山脇プロから跳満をあがると、南一局には、中川プロが和泉プロから親の満貫、山脇プロから跳満を和了。
中川プロが頭一つ抜け出します。
南三局、都美プロが山脇プロへ痛恨の親満を放銃し、5万点オーバーだった中川プロの勝ち上がりが濃厚かと思われた矢先、都美プロ、起死回生の満貫ツモ!
そしてオーラス、中川プロ、都美プロのデッドヒートを制したのは・・・
最後に、見事な6000オールを炸裂させた都美プロでした!

都美プロ、おめでとうございます!

【都美プロ コメント】
「最初は、豪華な面子で麻雀が打てる事への喜びやワクワクがありましたが、終盤になるにつれて、凄い緊張感に襲われました。」
また、印象に残ったあがりについては、
「南二局の和泉さんの親番の時です。配牌がバラバラだったので、孤立したドラの發を使える形にするために場に安い索子に寄せたら、それが上手くハマリました。」と、解説も唸るあがりを見せてくれた都美プロ。
決勝については、
「今回の反省を活かし、落ち着いて、内容も結果も満足できる麻雀が打てる様に頑張ります!」

昨年の柚花プロのように、プロ歴1年目の新人が台風の目になるのか!?
都美プロに大注目です!