姫ロンNEWS 2016.3.4号



姫ロン杯エンプレストーナメント予選2組目 結果速報!

3月3日(木)、『第3回姫ロン杯 麻雀ブルエンプレストーナメント』の予選トーナメント2・3組が行われました!

先に行われた予選2組では、日本プロ麻雀連盟の西山あみプロ、石田亜沙己プロ、大野彩乃プロが登場し、三人が三人ともお互いのことを良く知る間柄という、姫ロンでは珍しい面子構成となり、その中に、こちらも日本プロ麻雀連盟(東北支部)の若手で、今後の活躍が最も期待される早川林香プロが加わっての対局となりました。

序盤、早川プロが東二局に連荘で点棒を積み上げるも、大野プロ、西山プロも負けじと追う展開。
周りの三名にツモられ続け、気付けば点箱が寂しくなっていた石田プロ、三人に待ったを掛けるべく東四局では国士無双のテンパイを組むも、山に二枚残りの九萬は無情にも王牌の中・・・と、この日は終始、苦しい展開。

南入しても、大野、早川、西山の拮抗した展開が続く。
そして大きく動いたのは南三局。
東二局に清一色を和了して以降、勝負に参加できなかった大野プロが丁寧に混一色を仕上げ、西山プロから値千金の満貫直撃で一躍トップ目に躍り出ました!
大野プロにも、西山プロにも大きな意味を持つ一撃が決まり、トップ争いは大野プロ、早川プロに絞られたかに見えました。
そして迎えたオーラス、大野プロも早川プロも不安定な配牌。
対照的に好材料を手にしたのは、前局に痛恨の満貫を放銃した親番の西山プロ。
8巡目にピンフ、ドラ1のテンパイを果たし、ツモれば逆転勝利のリーチを放つ。
その3巡後には早川プロもリーチ。そして同巡には大野プロもテンパイ。
三者の捲り合いを制したのは・・・
「初アガリからがとにかく緊張した」と語ってくれた、西山あみプロでした!

西山あみプロ、おめでとうございます!

【西山あみプロ コメント】
勝因について尋ねると、「東一局で大野さんに連荘された時に、高目がタンヤオになるピンフのテンパイが入ったのですが、一手変わりで三色にもなるし、親流し優先で普段ならダマテンにしてました。
でも、一発と裏ドラがあるルール且つ半荘1回勝負なので即リーチした結果、裏ドラも乗り満貫のアガリに繋がりました。ルールに合わせて打てたのが良かったと思います」
昨年は、その年のチャンピオンとなった柚花プロの前に苦杯を嘗める形になった西山プロ。
決勝への豊富を訊かれると、「決勝までに打つ麻雀では、裏ドラが乗らなくても文句は言いません!なので、決勝だけはどうか、宜しくお願いします!」

対柚花戦のリベンジに燃える西山プロ。まだまだ世代交代をさせる気は一切ありません!




姫ロン杯エンプレストーナメント予選3組目 結果速報!

予選1組、2組ともにオーラスでの大逆転に沸いた第3回麻雀ブルエンプレストーナメントも、いよいよ、予選の最終カードとなる予選3組の対局が行われました。

対局者は、卓越した麻雀センスでどの対局でも安定した成績を残す、蒼井ゆりかプロ。
春から活動拠点を東京へ移すことを決断した、現在急成長中の大久保朋美プロ。
昨年、予選通過目前のところで、劇的な逆転劇の渦中で涙を呑んだ渋谷菜瑠美プロ。
日本プロ麻雀連盟の注目株3名に対し、昨年、夕刊フジ杯で悲願の初タイトルを手にし、人気、実力ともに急上昇している日本プロ麻雀協会の上野あいみプロとの対局となりました。

開局早々に蒼井プロ、上野プロ、渋谷プロの手がぶつかり、渋谷プロが放銃牌を掴んでしまう。
なんとこれが、2人から「ロン」の声。
渋谷プロは東一局から大きなビハインドを背負う展開。
その後も、蒼井プロが大久保プロから5200点、上野プロが渋谷プロから5200点をアガリ、早々と蒼井プロ、上野プロが抜け出します。
ここまで、手が育つもアタリ牌を掴まされる渋谷プロは、内容とは裏腹に非常に苦しい。大久保プロも東四局で700/1300をツモるも、蒼井、上野にはまだまだ届きません。
南場に入っても2人の勢いは衰えず、蒼井プロが渋谷プロから2000点、上野プロが蒼井プロから5200は5800点と、リーチ合戦が続きます。
そして、南二局で大久保プロが一気通貫、ドラ1をリーチ。
これを渋谷プロから捕らえ、大願成就の12000点。
更には南三局でも5200点を和了し、蒼井プロ、上野プロを射程に捕らえます。
迎えたオーラス、蒼井プロが最速でテンパイを組むも、牌のイタズラに悩まされなかなか和了に結びつかず。その隙に、2600オール条件の上野プロが満貫確定のリーチ。
跳満条件の大久保プロ、あがれば通過の蒼井プロも粘りますが、残り2巡で上野プロがドラをツモ!長く激しい乱打戦に終止符が打たれました。

上野あいみプロ、おめでとうございます!

【上野あいみプロ コメント】
「ここまで来たら、優勝します。そして、とにかく楽しみます。皆様、暖かい目といやらしい目で応援して下さい(笑)」
見ている人に楽しんでもらうことを忘れない上野プロ。
こうしたコメントを残せるのも、タイトルを取り余裕が生まれてきているのかも知れません。
勝利インタビューの最後に解説の猿川プロが残した言葉も印象的で、「今回は見せ場が無かった。普通に打って、普通に勝った感じ」
これは、最大の賞賛と捉えてもいいかも知れません。

麻雀を勝つために普通に打つことは決して簡単ではなく、解説陣にそう言わしめた上野プロ、間違いなく優勝候補の筆頭でしょう!