姫ロンNEWS 2016.3.17号



姫ロン杯クイーンカップ予選1組 結果速報!

第3回姫ロン杯もいよいよ最終戦となる、麻雀さんクイーンカップ。
今回の麻雀さんクイーンカップでは、各女流タイトルを獲得した選手たちが顔を揃え、どの予選も見応え充分な顔合わせとなりました。

その初戦を飾る選手は、3年振りに覇権奪還を狙う強気のヴィーナス、黒沢咲プロ。
堅実な打ち回しと時に見せる大胆な麻雀は見る者を魅了する。次世代の女流エース候補筆頭、井上絵美子プロ。
醸し出す雰囲気とは対照的に、豪胆な麻雀を見せてくれる微笑の朱き薔薇、成瀬朱美プロ。
見た目の美貌からは想像もつかないほど熱い闘志を秘めた氷の微笑、水口美香プロ。

奇しくも、日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会のベテランと若手がそれぞれ入り混じっての対局となりました。

開局から水口プロが軽快に仕掛けて、成瀬プロから5200の和了。
次局は、井上プロが満貫のツモ和了。早くも若手2人がアガリ競争で火花を散らす展開となります。
若手2人を何とかしたいベテランの黒沢プロ、成瀬プロ。
東四局、この親番で挽回したい黒沢プロでしたが、なんとここで、水口プロの九種倒牌でまさかの親流れ。
ベテラン2人は、どこまでも苦戦を強いられる展開となります。
南場は水口プロが猛連荘で一気にトップ目に立ち、三者を引き離します。
その最中、井上プロが姫ロン杯初の3ピンの暗槓で3000点オールを繰り出し、水口プロに迫ります。
迎えたオーラスでは、和了すれば勝ち抜けの水口プロ、跳満条件の井上プロ、
ラス親の黒沢プロ、3人が条件を満たすテンパイを組み、勝ち上がりを手にしたのは・・・

「オープニングで水口さんが、『降りることはほぼ無い』と言っていたので勝負したくなりました」と微笑みながら語ってくれた黒沢プロ。
最後の親番で満貫を二度も炸裂させ、一気の大捲くりで決勝への切符を手にしました。

黒沢咲プロ、おめでとうございます!

【黒沢咲プロ コメント】
・印象に残ったあがりは?
「南一局の水口さんのリーチに無筋を何枚も切り飛ばし、しっかりタイミングを見計らって仕掛けを入れて跳満に結び付いたのが良かったです」

・全体を通しての感想を教えて下さい
「キツい展開の中、最後まで焦らずに戦うことが出来たのが勝因ですかね。点差がだいぶありましたけど、自分を信じて打つことができました!」

・最後に、決勝への意気込みをお願いします
「決勝でも粘り強い麻雀を打ちたいです。2着までが勝ち上がりですが、狙うのは優勝です!
自分を信じて打つ大切さを実感したので、決勝でも最後まで自分を信じ、私らしい麻雀で勝ち切ります!」