姫ロンNEWS 2016.4.1号



姫ロン杯エンプレストーナメント決勝 結果速報!

選手の体調不良により日程が延期となった第3回麻雀ブルエンプレストーナメント決勝戦。
この順延は、選手たちにどのような影響を与えたのでしょうか!?

出場選手は、予選1組で並み居る先輩達を抑え、オーラスに大逆転劇を演じた初出場の都美プロ。
全員がプロ連盟の顔合わせとなった予選2組からは、先輩の意地を見せた西山あみプロ。
こちらも熱戦となった予選3組からは、さすがの勝負強さを見せた現役タイトルホルダー、上野あいみプロ。
この3名に、前回、プロ1年目でありながら瞬く間に優勝への階段を駆け上がった柚花ゆうりプロが決勝シードでいよいよ登場です!
今回のエンプレストーナメントでは、予選の全てがオーラスでの逆転劇となっており、決勝も最後まで目の離せない展開となりました。

先手を取ったのは、上野プロでした。
親番で仮テンに受けてから手変わりをしっかり待って7700点を西山プロからあがります。
それに対し、柚花、都美も負けじと攻勢を強め点棒を増やしていきます。
割を食ったのは西山プロ。この日は当然のリーチも、押し返されてはあたり牌掴まされる展開で「一半荘目は展開が悪すぎてイライラしてしまった」と述べたように、不運に苦しめられます。
それでも南場で4000オールを連発し、何とか食い下がります。
そんな前半の打撃戦を抜け出したのは、南三局で上野プロの三面張リーチにチートイでの追っかけリーチを成就させた前回チャンピオンの柚花プロでした。
「普段ならダマテンにするところですが、リーチに踏み切れたのが大きかったです。
場況や山読みの判断から、最高の結果に繋がって良かったです」
と、振り返る柚花プロ。 昨年よりも成長した姿をまざまざと見せ付けます。

迎えた最終戦。
開局から、トータル3着目の上野プロが魅せてくれます。
「柚花か都美からあがりたかった」と、タンヤオ、一盃口、ドラ2の親満を西山プロからスルー。
すぐに三面張に待ちが変わり、リーチしての跳満ツモ!
『絶対に優勝する』という気持ちが伝わります。
しかし、この日の主役は違いました。
「全体的に相手の手牌速度や、打点が把握できていたように思います。
それに合わせて、本手やかわし手、押し引きのバランスがうまく取れていました。」
と語ってくれたように、相手に高い手が入っている時はしっかり捌き、じっくり時間を掛けられる時は高打点で攻め立てる姿は、当然の連覇に繋がったように思います。
上野プロ、都美プロの猛追を振り切り、最後も自分で勝負を決め見事、柚花ゆうりプロの連覇となりました!

柚花ゆうりプロ、おめでとうございます!

【柚花ゆうりプロ コメント】
「昨年もチャンピオンシップには出場したのですが、何もいいところが無く終わってしまいました。
でも、今の私は去年よりもかなり成長しているので、必ず結果を残します!」