姫ロンNEWS 2016.4.8号



姫ロン杯クィーンカップ決勝 結果速報!

昨年の12月から始まった第3回姫ロン杯。その最終戦となる麻雀さんクイーンカップの決勝が行われついに、翌週から始まるチャンピオンシップの出場選手が決定致しました!

今年のさんクイーンカップはタイトルホルダーが多数参加した豪華な顔ぶれ。
その中から予選を勝ち上がった選手は、圧巻の逆転劇で1組勝ち上がりの黒沢咲プロ。
予選2組からは、ベテラン勢を倒し勢いに乗る西川舞プロ。
予選3組からは、苦しいながらも勝負強さを見せ接戦をものにした高宮まりプロ。
そして、現在2連覇中の吉元プロが登場致しました。

チャンピオンシップへの最後の切符を手にするのは、果たして誰なのか!?

一回戦目の東場は、黒沢プロ、吉元プロがアドバンテージを取ります。
逆に、満貫を2回打ち込んでしまった高宮プロ、ツモられて点棒が削られていく西川プロは非常に厳しいところ。
南場に入ると、黒沢プロが華麗な打ち回しで吉元プロを捲くって5万点オーバーのトップ目になり、大きく抜け出します。
オーラスでは高宮プロが吉元プロから跳満をあがり、意地を見せます。

二回戦目に入ると、早々に吉元プロの満貫が炸裂します。
しかし、今まで鳴りを潜めていた西川プロが反撃に転じ、小さいながらもじわじわと黒沢プロ、吉元プロに迫っていきます。
一方、我慢が続く高宮プロも東ラスで黒沢プロから3900をあがって2着争いが混沌としてきました。
ラス目の高宮プロでも跳満一回で2着に滑り込める点差で迎えたオーラス。
親で2着目の西川プロは黒沢プロを捲くりたい。吉元、高宮プロは西川プロを捲くってチャンピオンシップに繋げたいところ。
最後は、吉元プロが西川プロを捲くって2着に滑り込み、黒沢プロの優勝が決まりました!

黒沢咲プロ、おめでとうございます!

【黒沢咲プロ コメント】
「初戦の南二局が大きかったです。嵌5ピンと待ちは悪いですが、感触は良く表ドラ3枚、赤が1枚あって先制リーチに追っ掛ける価値は充分でしたし、結果、一発でツモれて良かったです!」
「終始、ハラハラヒヤヒヤしており心臓に悪かったです(笑)
一回戦目に大きく貯金できたのがそのまま結果に繋がりました。
初めてのチャンピオンシップですが、得意の門前高打点で優勝目指して頑張ります!」