姫ロンNEWS 2016.4.21号









姫ロン杯チャンピオンシップ予選2回戦 結果速報!

絢爛豪華な女流プロ8名が揃う第3回姫ロン杯チャンピオンシップもいよいよ予選の最終となる2回戦目が行われました。
この結果により、来月に行われます決勝戦のメンバーが決定致します。
第3回姫ロン杯の頂点に立つ選手は誰なのか・・・。
先週の1回戦の結果は以下の通りです。

1位 手塚紗掬  53400点
2位 田中智紗都 40200点
3位 柚花ゆうり 34200点
4位 上野あいみ 29900点
5位 黒沢咲   24000点
6位 米崎奈棋   7300点
7位 足木優    5900点
8位 吉元彩    5100点

そして、今回の予選2回戦1組目は
手塚プロ、上野プロ、米崎プロ、足木プロとなりました。
手塚プロはかなりの安全圏である一方、米崎、足木に狙われる上野は気の抜けないポイント差なので、打ち方に注目でした。
序盤、先制での親リーチを打っていた手塚プロに追っ掛けリーチを放った上野プロでしたが、その宣言牌が放銃となってしまいます。
その後も、足木プロが跳満、米崎プロが満貫を和了し、足木プロが上野プロをトータルポイントでも抜き去ります。
南場に入ると手塚プロが連荘を果たし、トータルでも10満点の大台に乗せ決勝進出を確定させます。その後、上野プロが序盤の失点を挽回する満貫を連発し、オーラスを迎えます。 オーラスでも跳満をあがった上野プロが安全圏へと入り、1組目は手塚プロ、上野プロが通過となりました。

1組目の熱戦の余韻も覚めやらぬままに、残されたファイナルの2つの椅子を賭け、2組目の戦いが始まりました。
こちらは吉元プロが厳しい位置となりますが、田中プロ、柚花プロ、黒沢プロはそこまで点差が離れていない分、誰が残ってもおかしくない状況です。
大きく動いたのは東四局。緑一色も見えた手牌を深追いせずしっかりと満貫をツモった柚花プロが大きなアドバンテージをとります。
しかし、同局2本場で黒沢プロが技ありの跳満を柚花プロからあがり、またもや勝負の行方は混沌としました。
そのままオーラスを迎え、このまま終われば黒沢プロ、柚花プロの勝ち上がりという状況。
田中プロは満貫で柚花プロを逆転します。
7巡目に田中プロが勝負に出ます。一発もしくは裏ドラ条件のリーチを放ちました。
決着が付いたのは17巡目。田中プロが山に唯一のアガリ牌を引き寄せます。
そして裏ドラもしっかり乗せ、勝ち上がりを確定させました。

これにより、5月12日(木)19:00より行われる姫ロン杯チャンピオンシップ決勝は手塚紗掬プロ、上野あいみプロ、田中智紗都プロ、黒沢咲プロとなりました。
もちろん、ニコニコ生放送、AbemaTV FRESH!での同時配信となりますので是非、ご覧ください!