姫ロンNEWS 2017.5.30号②





麻雀リオ ダイヤモンドカップ 予選1組
攻めもオリも全力勝負!中山奈々美 先行 圧巻の逃げ切り

 対局者は中山奈々美 (日本プロ麻雀連盟)、水口美香(日本プロ麻雀協会)、古谷知美 (日本プロ麻雀連盟)、渡辺洋香(最高位戦日本プロ麻雀協会)。メディア対局にも数多く出演する実力者が揃った。東場から先行したのは中山。終始ファイティングポーズを崩さず、大量リードで逃げ切った。

「予選は1回勝負なんで、攻める時も、オリる時も全力で挑みます。場面に合わせた打牌も研究してきたので、やや攻撃的でいきます!」と有言実行の打牌は、東2局から現れた。親番・中山、七対子テンパイ後、即リーチを選択し、古谷から4800点のアガりをものにする。続く1本場では、ピンフ・ドラ3をテンパイ。ここではリーチせず、水口から1万2000点のアガりをものにした。「リードしていたので、冷静に場を見れていました」。南場でも〝やや攻撃的〟な押し引きが冴え、最終局も自らツモり、6万3300点の大トップで、予選通過一番乗りを決めた。

⬛︎予選1組最終ポイント
第1位 +63.3 中山奈々美 (日本プロ麻雀連盟)
第2位 +18.8 水口美香(日本プロ麻雀協会)
第3位 +14.4 古谷知美 (日本プロ麻雀連盟)
第4位 +3.5 渡辺洋香(最高位戦日本プロ麻雀協会)
※素点のみ、順位点無し。

⬛︎選手コメント

中山奈々美「やりました! でもやった気はしないんです。近年まれにみる具合の良さで、牌が自然に来て、自然にアガれました」

水口美香「リーチ・一発・純チャン・三色が決まった時はいけると思いました。大好きな8索に合わせてグリーンの服で来たんですけど」

古谷知美 「ルール上有利な北家を引けたので、正直もらったと思ってました。でも終わってみれば、私、いたのかなって感じ」

渡辺洋香「やっちゃいましたね、東2局。七対子ドラ2はリーチでした。いい配牌が来るよう神様にお祈りしてきたんですけどね」



(取材:雀聖アワー)